結局は行くことになった大阪

でね、結局行くことになった。元職場解散の集まり。

会社近くの居酒屋で、おそらく1年おきにいつも集まってたところ。

 

これから大阪行ってくる。2日で帰るけど。

ちょうど今この数ヶ月は過去に意識を向ける時間が増えている。

自分自身の内面を見つめ直す機会として、1人で過ごす時間をあえて作って、予定を入れずに過ごすことも多い。

そしたらふと湧いてくるように、過去の出来事を思い出すことがある。

まあとにかく黒い感情の数々なので、順に挙げるとただでさえ少ない読者がさらに減ってしまうから控えたい。

なんだろう、感じないように避けてた悲しみや怒りの感情を、あえてフタを開けてみたら根源の底が見えるんじゃないかという、内観を通しての自己治癒を兼ねているとも言えるかも。

ここ1ヶ月はかなり心身のバランスは乱れてたし、久しぶりに風邪をひいた日もあった。

おそらく感情面の黒い部分に向き合ったことで、未解決の物事を解決しようとエネルギーを使い果たしてるんじゃないかって。

この前昔住んでた横浜のある町に行った時も、一瞬でぐったりしてしまった。

理由はこれも過去起因。限界生活を経験して報われないまま1年半で終了させたことの後悔もある。

それと同じような、いや、数倍の重い空気が大阪で過ごした過去には横たわったままだ。

もう行く前から気分が沈む。じゃあ行かなきゃいいのにと思うのだが。

いや、今だから行くことにした。

何も得るものがなかった訳ではないし、今生き続けるきっかけを得たのも大阪で過ごした日々から細い線を手繰り寄せて集めてきた経験の数々だったから。

昔から今までずっと、もしも平凡に静かに生きられてたら今こんなに外を向いて動こうなんて思わなかった。

血の底から脱しようと必死になってきた。

半分以上はやった結果無駄な努力で成果も残してないこと多いけど、無駄かどうかはやってみないとわからなかったから。

大阪に立ち寄ることで、きっと嫌な部分を見がちだが、それ以上に自分自身を誇れる成果を発掘しに行くのも悪くはない。

今あまり言葉も出てこないが、褒めてみるべき過去の数々はおそらく眠ってるのではないか。

 

とりあえず朝を迎えたら、日中は大阪をゆっくり歩いてみよう。

次の日はまた海を見に行くつもり。

 

しまひろふみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です