この転換期のうちに、ふと折り返し点がきたことを思い出す。

3年前に人生の方向転換がはじまった。

2016年の冬に人生の限界を感じて、八方ふさがりになったことがあった。
あれから3年が経った。
当時の職場で全く使い物にならない屈辱を味わい、金銭的にも不安定に陥った時期が、3年前の2月だった。

その頃に運良く出会えた人達のおかげで、退職を決断し方向転換を始めることができた。
東京にも人間関係の縁ができたのはその頃だった。

今でこそ東京に移住するまでに至ったが、当時まだ知り合う前だったため想像外の世界を生きていることになる。

そこから転職と転居を繰り返して毎日の起伏は激しかったものの、ふと折り返し点に来た感覚をつかめた日がある。

2017年9月、ある旅先の一瞬だった。

ある親しい女友達と、神戸を歩いていた時かな。

一緒に参加していたパーティーがあり、その二次会が終わって、
2人きりになってから、過去や近況の話や互いの好きな話題など5時間以上歩きながら語り合ってた。

その途中だったかな。
ある神社に着いてお参りして、再び歩きはじめた頃。

ふとやってきた『折り返し点』という感覚。

神戸三宮駅の近くに、二宮(にのみや)神社という場所がある。
その近く歩いてた前後だったと記憶してる。

ちなみに二宮神社には、やたらと『嵐』の応援メッセージのような絵馬があって、どうやら嵐ファンの聖地とすぐ気づいた。
なぜなら二宮だから。二宮和也さんのね。

あれはまるで、長い問題を解決できるいつかその先の時期を
予知したかのような不思議な感覚だった。

このことは一緒にいた当人にも話してない。

二宮神社 (神戸市中央区)
その向こうは新神戸駅がある。

『折り返し点』とは何を意味するのか?

2017年は前半が特にくたくたになる位忙しくて、創作意欲も枯渇状態だった。ブログもやめて引退宣言してた位だから。

でも理解してくれる人とは出会えているわけで、
僕が関西に帰ったら歓迎して会ってくれる仲間達がいるわけだ。

今の壁にぶつかった状況から脱出したい。と、いつも思ってた。
しかし救いの光すら見当たらない時には、
いつの日かに折り返し点があったことを振り返って、
必ず抜けられると信じることができるようになった。

その2017年9月のある日から辿ってみれば、
2016年2月を起点に折り返し点を経て
2019年2月か3月頃がその決着時期に該当する。

今これを書いている今日は、
あと一歩のところまで来ていると把握できる。

これまでとこれからの人間関係、出会いについて

根拠のない直感だったり、
こっちのほうが面白そうだと印象を受けたり、
出会う人との波長が心地よかったり、

これまでずっと自分対他者の関係を育てるために、
生き生きとを過ごせる人たちとの関係を大事にしながら、
本来の自分のまま接することができる人を選んできたつもりだ。

逆に選ばずに会ってきて、一期一会に意味を求めなかったことが
長く続く関係を築けたとも言えるかもしれない。

それでも途中でだめになって動けなくなったり、
忘れたい過去の記憶に引き戻されてしまったり、
未来の自分が何もないんじゃないかと絶望したり、

毎日常にいくつも問題ごとが起きるけど、
それでもどこかへ向かって歩き続けてきた結果が
今ここにあるんじゃないかって、そう実感している。

答えなんかどこにも無いからね。
見本も前例もない道を、ただ進んでいる。
ただ進まなきゃ、自分も周りも動かないから。

じゃあ次はどこで自分らしく生きられるんだろう?
今も答えを探ってる。
無職中に動けていればよかったが、
すぐに種が芽を出すわけでもなく迷いと隣り合わせだった。

今できることを選ぶなら、
半年後の自分が能力を生かせる空間を見つけて、
無理なく育てて循環の輪を作っていくことだな。

もう見つけて出会えているのなら、外からあえて求めずに
内側からその場その瞬間の魅力を引き出すべきかもしれない。

明石市 住吉神社の海側にある魚住海岸

今進めているアーティストしまひろふみとしての表現活動は、
今後さらに生き方を変える導線でもあるんだな。
種はすでに3年まき続けてきたから、
一度や二度枯らせても根はすでに広く張り巡らされている。
焼け野原からそろそろ芽が出てもおかしくない。

やれることはこれから全部やっていく。

しまひろふみ

「色と音と自己表現をわかち合うお茶会」
2019年2月23日(土) 14:00-16:00
場所 サウスフラットシェア (http://southflatshare.com/)
東京都渋谷区南平台町12-9 サニーハイツ南平台

道順動画はこちら
渋谷駅から西に道玄坂を上り、道玄坂上交差点を南に入った住宅街にあります。
ご不便をおかけしますが、建物がオートロックになっているため、正面入口で403号室を呼び出してください。

【参加費】1000円 
飲み物と軽食の持ち込み歓迎します!

ご参加される方は、しまひろふみ宛に問い合わせフォームよりメッセージをいただくか、Facebookイベントページより【参加予定】を選択してください。
hirofumi ★ hiromick.com (★を@に変えて送信してください)
https://www.facebook.com/events/342102953061721/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です