未完了を完了にする時間

※4月7日(火)~4月12日(日)に開催予定の、
リーディング展覧会『このはなさくや』は、コロナウィルスによる自粛要請に伴い延期となりました。
ウィルス感染収束後の開催予定となります。

今月は当初の展示予定が無くなり、自宅で過ごす時間が多くなる。
緊縮生活を強いられる人達も多く、特定業種に自粛を求めて収入を断ち切るだけの政策には不満を感じつつも、それでも自分ができることは何なのかを探っている。

絵は相変わらず描きためているものの、期限がなくなったおかげで不思議と心のゆとりができている。

昨年からイベント出展を少しずつ増やしていったものの、自分自身に足りない能力と他人優先の間違った生き方に愕然として、ブログを書く余裕すらなくなっていった。
仲間にできて、自分にできないこと。
経験のなさが圧倒的に足りなかったし、自分が世間においてアーティストとしての信用が全くない実態があらわになった。

じゃあどうすれば良いのか?

1人になる時間を充実させたい。
いつでも演奏できる技量と持ち歌がほしい。
過去の失敗で受けた負債を帳消しにしたい。
怒りを向ける対象の敵を消し去りたい。
描きたい絵を思い通りに描ける腕がほしい。
自由に旅して表現して稼げる生活がしたい。
会いたい仲間と時間も場所も問わずに会いに行きたい。
いつでも寄り添えるパートナーがほしい。

挙げるときりがないが、
他にもやりたいこと、やり残したことを数十項目書いてみた。

その中で最優先したいことは何かというと、悩みを消して自由に動き回れる余裕がほしいこと。
これがあれば他の事もすべて回しやすくなる。

今まで思うようにやりたいことがあっても時間があっても、心身が消耗して進まないことが多かった。
じっと作業していても、混沌とした憎しみが湧いてきたり。
恨みなんか忘れろと言われても、アートとしての自分を塞がれて死んだ人生を強要されたのが忘れられないから困ってる。

曲を新たに作り始めても、ずっと気分が重く暴れたくなることばかり。
こんなことをやりたかったんじゃないと怒って、生活も破綻しかけた。

しかしようやく、支えてくれる仲間が居て自分を受け入れてくれたことで、解決できる見通しが立っている。
やっぱり自分が自分で生きるには、疲れきって発想も湧いてこない状況を改善して、いつでも作品をつくって演奏を自由にできる自分を取り戻すしかない。
人に伝わらないことをやっても意味がないから、そういうものは一切協力しない。
むしろ俺に協力しなければ縁を切る位でちょうどいい。

最近はあえて自分の好きなアートや音楽に触れながら、本来やりたかったことを思い出している作業に時間をかけている。
これで積み重なっている精神的な重荷を解消できて、自分らしく表現する習慣を続けて気軽にアウトプットできれば、成果が届いた人とまた新しい関係をつくれるに違いない。
今ではSNSでもオンラインでもつながれるおかげで、在宅活動でもやり方によっては動くことができるから、可能性はいくつもある。
まずは早急に未完了のままだった課題を完了に変えていく。

絵に音楽をつけたり、音楽から絵を描いたり。
自分の最優先は自分で選ぶ。

落ち着いたら映像配信も再開して、YouTubeチャンネルにも動画を追加する予定でいます。
諸事情によりチャンネル登録100人以上集めてます!
これを読んだ人は登録してほしいです。(URLを変更するため)
https://www.youtube.com/user/SUMINOEST559

しまひろふみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です