半年間の闘いに決着。展示もやります。

ここ半年はずっと内側で過去から問題と向き合っていて、自分という存在を長い間押し殺してたことに愕然しました。

過去に音楽やってたと言っても誰からも評価されず、実績の無さに屈辱感を味わって、信用の無い自分に追い込んだ敵と闘うことに全消耗してしまい、動きが止まってしまってました。

しかしいつまでも変わらないままなら人生終了。

これ以上過去からの不条理な負債を背負って今を犠牲にする生活はもう嫌!

社会的な信用がなくてもアーティストとして信用がないなら、死んだ方がマシ。

それが1ヶ月前の話。

ようやく、中身のないまま建前の綺麗に保ってだけの自分とは決別し、できない自分も受け入れることにしました。

まずは中身を満たすことから、自分を喜ばせて豊かさを味わって生きる。

他人や仲間は二の次。まず自分から。

絶対後回しにしないで、納得できるまで作り上げることに向き合い続けます。

やっと生まれ始めた新たな表現は、まだまだ粗削りで完成途上の状態。

けどうまく作れないからやめるのではなく、うまく作れないなら作れるまで次のを作る。

そうやって意識を切り替えてしはじめています。

【コロナウィルスによる自粛要請により、延期します。】

4月7日(火)〜12日(日) 東京巣鴨・ギャラリー華音留にて、リーディング展覧会『このはなさくや』に出展します。

7日(火)16時からは、栗原康子さん、天野あるるさんと共に『魂に呼びかけ未知なる可能性を開くライブ』。

ここだけのコラボ演奏と歌をお届けします。

ちなみに9日(木)はしまひろふみソロライブも…

これから演目は決めます!こちらも16時から。 

11日(土)、12日(日)も居る予定です。

ハーブティーなどのワンドリンクオーダーをお願いします。

少人数で温かい気持ちでつながれる空間にしていきますので、皆さまぜひお越し下さい!

しまひろふみ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です